会社設立時に必要な印鑑証明書 - 大阪で税理士を探したい

HOME » 大阪の税理士情報 » 会社設立時に必要な印鑑証明書

会社設立時に必要な印鑑証明書

会社設立 税理士

・会社設立で提出する印鑑証明書
会社設立の時に提出しなくてはならない印鑑証明書は、複数枚発行しなくてはなりませんので注意が必要です。
印鑑証明書とはそもそもどういう書類で、どこで発行してもらえるのでしょうか?

・印鑑証明書とは?
印鑑証明書は、その印鑑が実印であることを証明する書類になります。
印鑑を登録することで、その印鑑が法的に効力を持ったものになり、重要な契約や口座開設などに使用できるものとなります。
印鑑証明書には、個人の印鑑を登録する時に発行してもらえる印鑑登録証明書というものと、法人の印鑑を登録する時に発行してもらえる、法人印鑑証明書の2種類があります。

・どこで発行してもらえるの?
個人の印鑑登録証明書は、住民票のある市区町村役場で発行してもらうことができます。
登録をする印鑑と手数料、身分証を持参して手続きをしてもらってください。
印鑑登録証明書は、発起人と取締役のそれぞれ1部ずつが必要になりますので、もし、発起人と取締役を自分が兼任する場合は、2部発行しなければなりません。
あと、法人の印鑑証明書は、法務局で印鑑届出書を提出して発行してもらうことができます。
法人の印鑑を登録することで、銀行では法人口座を作ることができるようになります。
主に法人実印は役所とのやりとりや重要な契約の時に使われるものですので、紛失や盗難にあわないよう、大切に保管をしておいてください。

・印鑑証明書の発行に使える印鑑
印鑑登録に使える印鑑は、一般的な朱肉を付けて押す印鑑であれば登録することができます。
印鑑を作ってくれる業者に頼めば、間違いはありませんので、お願いしてみると良いでしょう。
ただし、社名や個人名の刻印は、気をつけなければなりません。
あまりシンプルなものにすると、偽造されやすくなってしまいますので、できるだけ複雑なデザイン(書体)のものを彫刻するべきです。
ちなみに法人実印に使える印鑑は、1㎝を超える大きさで3㎝以内のものであると定められているため、規定を満たした印鑑を用意する必要があります。

・印鑑証明書発行の手数料について
実印を登録する時に必要な印鑑証明書の発行には、登録とは別に発行手数料がかかります。
個人の印鑑の場合だと、地域によって料金が違いますが、だいたい500円前後だと覚えておくと良いでしょう。
法人実印の証明書の発行には、450円がかかります。
法人実印は、法務局に手続きをお願いすることになりますので、登記申請の時に書類を同時に提出できるよう、用意しておくと良いでしょう。